GoogleDocs をエクスプローラから使いたいなぅ

GoogleApps導入については、まぁそのうち書くんじゃないかな。

起業直後の小さな組織で使うにもってこいのGoogleAppsですが
基本的にWebベースなので人によっては使いづらいと言われます
特にITを触ってれば満足するような変態では無い普通の人たちからすれば
「無料で」「いままで通りのアプリケーションが使える」ってことがメリットなんです
Gmailなんて使ったことがない人たちが対象ですよね

ひとまずGmailはIMAPに対応しているのでMS-Outlookを設定してあげれば
メール環境についてはすぐに使い始めてもらえます

じゃあ次はファイルサーバ欲しいんだけど?

うん、そうですよね必要ですよねファイルサーバ。
しかも起業してすぐな会社ならほとんど会社にいないと思うので
社内にファイルサーバ構築しても意味ないよね

GoogleDocs使えばいいんじゃね?
って話になりますが、すげー使いずらいです GoogleDocs
ファイルのアップロードやダウンロードはwebインターフェースは弱いので仕方がないんですが。。。

という訳で長い前ふりはここまでで、今回使ってみたアプリは「Gladinet Cloud Desktop」です
Webストレージを仮想ドライブとしてマウントできる「Gladinet Cloud Desktop」 (窓の杜)

英語版のソフトですがまぁ何とかインストールは出来ます
インストール&設定はシステム管理者が行った方がよいと思いますが、通常使用は超簡単です
普通にネットワークドライブっぽく利用できます

image

もちろんドラッグ&ドロップも出来ますし、アップロード状況もこんな感じで出ます
image

んで、まだローカルで開いてないファイルには時計マークがつきます
(たぶんオフライン状態では開かないんじゃないかな)
一度ローカルで開いたファイルはアイコンが無くなります
 image

 

んで、このソフト使ってて思ったのですが、
頻繁に更新するファイルをクラウドストレージ上において更新しまくるのはよした方がいいんじゃないか?
ということです。
一太郎やMS-Officeは対象ファイルと同じ場所に編集時の一時ファイルを作成します。確か自動保存の一時ファイルも同じ場所に作るはず
つまり、そういったバックグラウンドで意識せずに高速に行われていた保存作業がインターネット越しに行われるので、すごく遅く感じるんです。

まぁインターネット越しだよってのを理解して使いましょう。ということですね。

その他、このツールにはローカルファイルのバックアップとかもしてくれるみたいですが、そんな設定はせずに
「ローカルに重要ファイルを保存せずに、ファイルサーバ(クラウド)上に保存しましょう」と啓蒙活動しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です