Virtualマシンからのダイヤルアップ接続 覚書

ひとまず接続ができたのでまとめるまでの覚書

・ホストOSとゲストOSで通信するためにループバック接続をつかう
「内部ネットワーク」接続だとネットワークケーブルが接続されていないと通信できないから
・ダイヤルアップ接続のプロパティで共有を有効にする

とりあえずこの2点をすればつながるけど
セキュリティとしてはどうなんだろう。。。?

ひとまずはループバック接続をその都度、有効・無効を切り替えて利用すれば
インターネット接続の共有相手がいない訳だから良いような気がする(きっと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です