WindowsVista Windows7 で古いOfficeを起動するとインストーラーが実行される件

ふむ、まいった。。。Windows7とOfficeXPの組み合わせだと起動時に
インストーラーが動きだして、でも、失敗してるっぽく、プログレスバーが元に戻ってしまう。。。
しかもエラー表示なしに起動する。。。
(一部のファイルは起動時にエラーが出るけど、Word立ち上げた後にファイルダブルクリックとかで起動するとちゃんと見れる)

利用者は「まぁちょっとめんどくさいけど使えるよ」と言ってくれますが、ひじょーに気持ちが悪いですね

原因は悪名高き(笑)ユーザーアカウント制御(UAC)です

何かしらのOfficeの変更があって設定変更がされた場合、Officeは起動時にインストールを実行して適切に処理するのですが、Vistaや7はたとローカル管理者権限のアカウントでログインしていたとしても通常運用時は制限ユーザーとしてアプリケーションを実行します。
なのでOfficeXPがインストールをしようとしても出来ないから(エラーもせずに)あきらめていたわけです。
ネットで調べたけどOffice2003以前のバージョンが対象っぽいです。
Office200以降では上手いこと回避してくれるのかな?
ということは、WordやExcelを明示的に管理者権限で実行してあげれば問題は解決するわけです!

Windows 7 および Windows Vista にプレインストールされている Office を起動するたびに使用許諾契約書が表示される

上記KBを参考にWinword.exe や excel.exeを右クリックして「管理者として実行」をすれば問題解決
場合によってはインストールメディアを要求されますが、要求に答えてあげれば良いだけですね

本日も1件トラブル対応しました。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です