RTX1100 を買ってきたけど、初期化されちゃってて、シリアルコンソールケーブルがない時にIPアドレスを設定したい

コンソールケーブル家にあるのに持ってくるの忘れて困ったときメモ

1.LAN1とPCをLANケーブルで接続

2.PCでWiresharkを起動してLANケーブル側のキャプチャを始める

3.おもむろに、IPV6でマルチキャストPing してみる

 >Ping -6 ff02::2

4.Wireshark にそれっぽい通信を見つける

RTX_Wire01

5.Poderosa(Telnet)でIPv6接続をする
接続するときのアドレスは fe80:*** で始まるものを入力

つながった!

RTX_Wire02

プラモデルを作ってみた

今の会社 株式会社ソノリテ には、Make My Day という”何をやっても良い”日 というものがあります。

少し前にGoogleやHP,YAHOOなどでも話題になったあれですよ。

今回は、FSSのバッシュを作ってみました

こういうの作ったことなかったのでツール類から購入したのですが、詳しい人に「高いニッパーを買いなさい」といわれたにもかかわらず、安い500円のニッパーを買ってしまいましたが^^;

DSC_0318 1

作るのは簡単でした。ニッパーで適当に切って、とくにエッジの処理もせずにペタペタ接着剤で組み立てただけなので、クオリティはお察しです
取り扱い説明のページ数は少ないしすぐにできるかなと思ったのですが、意外と時間がかかりました。のべ2日間まるっとかかった感じです。

出来上がりがコチラ。ちゃんと自立しています。
20160321_120710435_iOS

さて、内容としてはプラモデルと作りましたよだけなのですが、今回のMMDの目的はそこじゃないんです。
うえで紹介したページにはかかれていませんが、何かしらイノベーティブなことや、気付き・発見・自分への変化のチャンスなど、そういった目的をもって使うべきだと私はとらえています。

普段の仕事で「モノ」って作ってないんですよね。

Blog書いたり、提案書作ったり、様々な電子ファイルを作ることはあるのですが、物理的な「モノ」ってウン十年と作ってないことに気が付いたんですね。
プライベートを含めても、コミュニティを作ったり、イベント企画したりなどはしますが、なにか「作る」ということをしていないことに気が付いたので、今回のMMDのように後々残る「モノ」を作ったことが無かったので挑戦した次第です。

今回のMMDの発見

集中してるとご飯食べなくてもOK

当初予定の1日では完成しなかったので、祝日を利用して延長戦したのですが、朝9時から夜10時まで食事もせずにずーーっと作業してました。集中力って大事ですね。

勇気が必要

MMDを取得するには、山積みの仕事をいったん置いといてMMD取得するという勇気が必要。
逆に普段の仕事をしないって宣言でもあるので、仕事人間で堅い人にはとてもむつかしい制度だと思います^^;

今回はプラモデルを作りましたが、次回はろくろ回してみたいですね。完成形が未定なものを作るという経験も必要かなと思います。
もしくは、レンタカー借りて、海ほたるに行ったり、千葉の砂浜でスマホの電源切って、ぼーっとする。とかやってみたいなぁ

[改定新版]Windowsコマンドプロンプト ポケットリファレンス 発売!

「完全無双!Windows10からWindows Server2012 R2まで完全網羅ユーザーからエンジニアまで仕事の省力化・自動化を推進するアイデアと技の源泉」

コマンドプロンプト。それは熟練のエンジニアになればなるほど使いこなす必要が出てくる呪文です。
コマンドプロンプトを表示して、 ipconfig -all [Enter] ッターン! とかませば、
ナウなヤングに大ウケ間違いなしのコマンドプロンプトです。

「はじめに」にも書かれているように、

「本書は言わば呪文辞典であり、呪文の唱え方の指南書である。」

事実、この本は辞典として常に作業している傍らに置いておきたい本です。
コマンドで解決できないかな?あのコマンドのオプションどうだっけ?
と思い付いた瞬間に(ググるのではなく)本をめくって調べるとよいでしょう。
とくにデータセンタのラックに1冊常備しておけば便利なこと間違いありません。
本であれば、ググってる最中に別のことに興味を奪われて仕事が遅延することがありません。
やはり本で調べるべきなのです。

この本に書かれているコマンドは、WindowsPCであればすべて使えます
(実際にはServer用のコマンドもあるのですべては語弊がありますが^^;)
ヘルプコマンドで調べればわかることもこの本には書かれています。

コマンドヘルプがあるって?
dir_help

しかし、それでもこの本を手に入れる必要があるのです。
この本には各コマンドの詳細な説明が書かれているのです。
いやいや、コマンド実行例を含めた説明を本書は掲載しているのです。
Office Lens 20160311-220153

実際に辞典として、ネットワーク系のアレをコマンドで出来ないかな?と思えば目次や索引で調べればよいのです。

ほら!ポケットに入る大きさですよ!

DSC_0308 1って入るかーーーい!
といいたくなるほどの太さです。
660ページもあるんです。ポケットリファレンスなんて名乗らずに、辞典って改名したほうがいいんじゃないでしょうか(笑)

参考:[改訂新版] Windows コマンドプロンプト ポケットリファレンス Yamalog K.Yamachika’s blog
著者のblogです。

VSUG DAY ~THE FINAL~ に参加してきました #vsug

当日の様子は togetter を確認していただくとして、

VSUG DAY ~THE FINAL~ #vsug

私とVisual Studioはどんな関わり合いだったのか。。。

基本的に私は開発しません。
なぜならば「プログラムコードをみると、目の前が真っ赤になる病」という伝説の奇病におかされているからです。
もう病気なら仕方がないですよね。

というわけで基本的には、開発をしません。

しませんが、一時期 SE としてお仕事をしていた時期もありました。
たぶんVS2005だったんじゃないかなぁ
VB6コードのメンテナンスを、ちょっとだけやって

だめだこりゃ、プログラミング向いてない

ということを骨身にしみて理解したので、IT業界に身を置いていますが、コードを書かない仕事をしています。
システム管理者とかコンサルタントとかシステム開発のPMとかそういう仕事ですね。

そういう仕事をしていても、
新しいVSではどんなことが出来る。
開発効率を上げるためにどんなことが出来るのか。
そのようなことを知ってると実際に開発者の方たちと話すときにとても役に立ちます。

そういう意味でも、非開発者にとっても参加しやすいVSUGだったのでとても助かりました。

やはりIT業界にいると時々自分の欲しいものを自分で作りたい欲が出てきた時には無料版のVSで「HelloWorld」を作って、そこで満足するという人生でした^^;

VSUGありがとうございました。

二回目の連携テストですがな

DSC_0289 1

なんと神戸ではドラッグストアでServerが買えるんじゃないだろうか疑惑

自宅ラック業界にはうれしいニュースかもしれないw

さて、なんで連投しているかというとですね、プラグインのJetPackの WordPress → Facebook 連携の機能が時々動作せずにFacebookに投稿されないって困っている人がいたので、テスト投稿しているのですよ。

facebook に連携できるかてすとやで

IMG_20160207_132503

ちなみに画像は小樽の気が利く昆布屋さん

札幌に行ってきたよ! 2日目

今回の勉強会遠征はどうやら移動の時間調整を完全にミスったようです。
日曜日の遅い時間の飛行機を予約したので時間が余ってしまいました。

というわけで小樽に行ってきましたよ
DSC_0241 1

DSC_0229 1雪のホーム。なんか撮り鉄っぽい写真を撮ってみた

DSC_0230 1地図を完全に失敗。英語版をゲットしてしまったorz

DSC_0232 1海の幸、お寿司をいただきます
これで3,150円はお財布に厳しいけど^^;

オルゴール館やガラス細工を楽しんできました!
IMG_20160207_141618

IMG_20160207_141719

IMG_20160207_131752
IMG_20160207_141322

IMG_20160207_141042この辺の年代物の大きなオルゴールはまだまだ現役で音を奏でてました。

そして、寒い冬といえば、アイスクリームでしょう!
DSC_0235 1うまい

めずらしく、たくさん歩いて、赤レンガ倉庫も見たということで小樽離脱
DSC_0240 1

あーちなみに、小樽~新千歳間のJR代金って1700円超えるんですね。
Kitacaがあっという間に残高不足になって慌てました。

あとは空港でのんびり。。。と思いきや!
雪ミクがいるじゃないですかDSC_0244 1
なんと雪ミクの常設展が新千歳空港にはあるらしく、また散財してしまうじゃないですかやだーDSC_0246 1
DSC_0245 1
DSC_0256 1DSC_0255 1DSC_0254 1DSC_0253 1DSC_0247 1DSC_0248 1DSC_0249 1DSC_0250 1DSC_0251 1

といった感じで、札幌、小樽、新千歳空港を満喫してきました

さて、白い恋人お土産に山ほど買って帰ります。

札幌行ってきたよ 1日目

Office365 勉強会を札幌で行ったので、写真をまとめて投稿

DSC_0177 2各都市に行ったらまずは交通系カード買うよね!
Kitacaを2,000円で購入。北海道での移動は全部これ!

到着は金曜日の深夜だったので、土曜日の朝、といえば
DSC_0185 2そう、二郎ですね。
初の遠方二郎です。

DSC_0186 2オープン前待機で並んでいるところに注意書きが。
「普通」ってあるんですね!

DSC_0187 2「札幌二郎はいいぞ」
うまかったです。味は個人の好みですが、生活圏内にあれば通うと思います。

DSC_0188 2内田洋行様会場提供ありがとうございました!

懇親会はジンギスカン!!!
12696876_10208555241459078_806652492_o
懇親会後は雪まつりを見物に。遅い時間なのでライトアップとかはしてないですね。

DSC_0195 2安定の時計台
この写真はとてもよく撮れていますが、周りに高層ビルが立ち並んでいるので、このアングルで、この場所からじゃないとうまく撮れません。
こんな感じの専用の撮影台が設置されていますw
DSC_0192 2(あ、この二人は恋人同士ではないです念のため)

というわけで、雪まつり鑑賞

DSC_0198 2スクスト

DSC_0197 2auの三太郎

DSC_0201 2進撃の巨人

DSC_0202 2

そして、とても興味深いのは、雪像の裏側。
こうやって真四角なんですね。
ほとんどは広告が貼ってありますが、たまに何も広告がない雪像があります。
つるつるです。ツルツル。

DSC_0203 2北海道新幹線の話題ですね

DSC_0204 2こういう雪像の前でイベントも行うみたい

DSC_0205 2これ、本当に勝手に使っていいそうです。
砂利みたいなものが袋に入ってて、道にまくことで雪が滑りにくくなります。
実際に見ることはなかったですが、朝早くとかみんなのために気の利く人はこの砂利みたいなのをまいて歩いていくらしい。
助け合いの精神大事。

そして、夜23時ちかいというのに、プロジェクションマッピングを調整してる人たちを発見!!!
聞いてみると札幌大谷という大学の人たちらしいです。
こんなチャンスめったにないです!プロジェクションマッピングの調整って大変なんですね。
とくに雪像は解けたりするので位置調整大変そうでした。

DSC_0206 2プロジェクタ1台と、WindowsPCと専用のアプリで投影するみたいですね
(お尻を撮影したわけではない)

とても素晴らしいプロジェクションマッピング!!

雪像前面プロジェクションマッピング!!
にってちがうわーーー( *´艸`)
DSC_0209 2ちなみにプロジェクタ表示してるわけなので、拡張ディスプレイです。
当然壁紙が表示されます。
Windows7です。
早いところアップデートしたほうがいいです。。。^^;

DSC_0210 2むう、このゲームは知らなかった

DSC_0211 2なんか面白そうなプラットフォームが。

DSC_0212 2

DSC_0213 2

DSC_0214 2安田さんonちゃん!

DSC_0215 2このフォルムはまずくないでしょうか。。。

DSC_0216 2

DSC_0217 2

DSC_0218 2 そうそう4月から新シリーズですね

DSC_0219 2 キラ☆彡

DSC_0222 2 こういう裏側ってそそるものがありますよね!

DSC_0224 2

DSC_0196 2

さすが北国!雪がつかない斜めのLED信号機!

社会人の勉強と出世についての記事をよく目にするのはいいことだなぁと思った

最近、エンジニア 社会人の出世とか勉強時間とかの話題がよく目に付きます。

このエンジニアライフさんの記事からかな。

そして上の記事を受けての、この記事です

よく言われるけど、業務時間外に勉強しない人はITエンジニア失格なの?

個人は企業のために教育を受けるというより、自らのために目指すキャリアを考えて学習するということが必要となってきています。

まさしく!その通り!思わず膝を打ちました。
企業側からすると、それでOKでも個人の人生としてOKなのかは各個人で判断しなければいけない時代になっていると思います。

企業側は、出来るだけ終身雇用を約束して長く自社にいてほしい(そして高利益を生んでほしい)と考えているので、学習する機会を可能な限り提供します。
その多くは自社のビジネスに関わり合いのある学習内容になっているはずです。

反対に従業員はどうでしょうか?

「企業がそもそも永久に存続しない。」「ヤバくなったら大量解雇。」という現実を知ってしまった従業員がすることは『自らの牙を研ぐ』ことが大事なはずです。
といういう意味では企業側が準備した教育だけで満足していてはダメだと思うのです。
Web学習サービスでもいいし、なにかのセミナーを受けてもいいと思う。
そこで大事だと思うのが、

自分への投資なのでお金をケチらないこと!

無料のIT勉強会を主催しておきながら言うのもなんですが、「お金を支払った」という事実はとても重いです。
うわさに聞くライザップも「こんな高額を支払ったんだから痩せなきゃ!」って思いも手伝って痩せるらしいですね。

5,000円も払えば個人向けの有用なセミナーはたくさんあります。
ただし、珠玉混合ですが。。。
どんなセミナーが、どんな感じで有用だったかなど共有できるプラットフォームとかあるといいかもしれないですね

そして学習だけでなく、出世の話においても同じことが言えると思います。

超優秀なプレイヤーは出世させてはいけない

なるほど確かに超優秀な人はそうかもしれない、でも別に超が付かなくても、優秀な、言い換えれば「それ」に特化した人ってたくさんいると思うんですよ。
そのような人たちも同じ理由で、別の能力が必要なポジションに就いた場合、会社を去っていくことが容易に想像できるのですが。。。

では、超優秀なひとやそこそこ優秀な人、加えてそれほど優秀ではないけれど「それ」しか経験がなく、他の仕事が出来るのかどうか本人も分からない。特段チャレンジし無くない。と考えている人の場合はどうでしょうか?

これってどうしようもないですよねぇ
成長のためにはチャレンジしないといけないけど、そのチャレンジがうまくいかなかった。
しかもこの「うまくいかなかった」は、決して失敗ではないはずなんですよね。
でも多くの人はそれを「失敗」って認識して「辞めさせろよ」ってすぐに切ろうとするんだよね。。。

その人の最高のパフォーマンスを出せる場所を企業だけでなく仲間みんなで考えられるようにできればいいのにね。

自分の中でも結論は無いのですが、

「自分の成長にチャレンジしないヤツは、自滅しろよ!」

vs

「自分のキャリアのためになるかどうかよりも、来月の給与が大事なんだ!」

これ、どちらの意見もまぁ分かるので、困ります。
うまいこと

自分のキャリア形成のための学習は自分のプライベートな時間やお金を使って成長する
現在就いている仕事に関する学習は企業側に時間や費用を負担してもらって成長する

というのが落としどころなのかなぁ。

といういつものgdgdな駄文でした

スマホからてすと投稿

投稿できなくはないけど、すごい使いづらいね(^^;