Posts in Category: Virtual Server

WindowsOS を仮想環境上で使用するときのライセンスの考え方

また忘れてたのでメモメモメモ_φ(._.

http://www.microsoft.com/japan/virtualization/licensing/VDA.mspx

Hyper-VとかVMwareとかの仮想ホスト上にWindowsOSを構築して、
そこにリモートデスクトップ接続して利用することを想定すると… ※これをVDI方式と呼ぶそうです。

接続するクライアントOS は既にノートパソコンとか、すでにWindowsOSが入っているはずなので
追加でVDAライセンスを購入すればよい
しかも 、サーバー上にOSインスタンスをいくつ立てても大丈夫、アクセスするクライアントの数だけライセンスを購入すれば良いみたい。

というわけで、頑張ってSA契約をしましょう。

追記:
AndroidやiOS、もしくはシンクライアントからのアクセスの場合はSAでは対応できないようなので
VDAライセンスでの契約が必要になります。
シンクライアント関係ないかなぁと思ってたけど、AndroidやiOSの場合もあることに  @mihochannel  さんに指摘していただきました。
今後はそんな場合もあるだろうなぁ てか、自分なら真っ先にやりそうw

Virtual Server から Hyper-Vへの移行をする予定

おはようございます 目代です
 今日は9月31日のはずなんです。。。。
 月末の業務が終わったら10月に突入なんです。。。orz

Vista や 2008Server が発売されてしばらく経ちますが、
まだまだXPや2000Serverの環境が必要なことはあります

というわけでサーバを購入したわけですが、
スペックの良いものはお財布事情が許さないので(TT)買えませんでした
つまり、Hyper-Vが動作しないサーバにしか手が出ないんです

とりあえずは Virtual Server 2005 R2 で運用始めようかなと。
貯金ができたらCPUとかメモリとか買い増して、増設するぞー

ReadyBoost 利用時の VritualServer に割り当てるメモリ

ReadyBoost ってことは Vista なんですけどね
こんな構成は適切ではありません。あしからず。
MSさんから突っ込みがあるのかな?

ReadyBoostでOSが使用できるメモリが増えたはずなんですが
VritualServerは物理メモリしか見てくれないので、ReadyBoost の恩恵は受けれないのかなぁ。。。

追記)
どうやら私が勘違いしていたようです
ReadyBoost は SuperFetch を有効利用するためにフラッシュメモリ上に
SuperFetch 用のメモリを割り当てちゃおう♪ってことなので
VritualServer が利用できるメモリが増えるわけではないんですね^^;

SuperFetch とかの説明はこの辺↓参照ってことで。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0605/vistamech1.htm

Virtualマシンからのダイヤルアップ接続 覚書

ひとまず接続ができたのでまとめるまでの覚書

・ホストOSとゲストOSで通信するためにループバック接続をつかう
「内部ネットワーク」接続だとネットワークケーブルが接続されていないと通信できないから
・ダイヤルアップ接続のプロパティで共有を有効にする

とりあえずこの2点をすればつながるけど
セキュリティとしてはどうなんだろう。。。?

ひとまずはループバック接続をその都度、有効・無効を切り替えて利用すれば
インターネット接続の共有相手がいない訳だから良いような気がする(きっと

(おためしで)Vista で VritualServer2005R2を使う場合

Vistaはサポート対象外のOSだから入れちゃダメ!(違訳
「実運用ではない場合に限り」認められてます

という建前を書いたところで、以下注意点。
クライアントOS である Vista には IIS はインストールされていないので
自分で導入する必要があります
最低限必要なコンポーネントをまとめていただいているところがありますので
下記サイトを参照。(先人の知恵は偉大です。)

VistaにVirtual ServerをインストールするためのIIS7設定 (高添はここにいます)
http://blogs.technet.com/osamut/archive/2007/06/13/vista-virtual-server-iis7.aspx

IIS 以外にも VirtualServer セキュリティを変更する必要があるのですが
下記サイトが丁寧に説明してくれていたので、結構すんなりと導入できました
(先人の知恵は偉大です。)

VistaでVirtual Server 2005 R2を動作させたい。(SYUの作業ノート)
http://blogs.timberlandchapel.com/blogs/syu/archive/2007/02/04/1267.aspx

でも、このへんも同時に読んでおきたいところです
無償の「Virtual Server 2005 R2」は,セキュリティ設定に“要注意”(ITPro)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060404/234525/

というわけで、仕事の検証環境がぼちぼち出来そう。
先日、MSのエバンジェリストさんとお話しした時に
「プレゼンするときなどは持ち運びしやすいノートPCを使うけど
大容量になってしまうバーチャル環境がノートPCに入らないですよね?」
って質問したところ

「USBなどの外付けHDDでも十分に動作しますよ」

とのこと。
なんとなくローカルHDDからの起動しか考えてなかったから
目から鱗な話でした。

などとムバ話しをしている間にインストールが終わりそうです
さて、仕事に戻りますかね。。。