Posts in Category: Office

Office 365 ユーザーは Skype for Business Client Preview を試せない?!

Skype for Business Client  Preview版出ましたね~

さっそく私も仕事でメインで使っているマシンにインストールしようと思ったのですが。。。

—————————
Microsoft Lync 2013 (KB2889923) 64 ビット版 の更新プログラム
—————————
このパッケージをシステムにインストールすることによって影響を受ける製品はありません。
—————————
OK
—————————

というメッセージが出てインストールできませんでした。
このメッセージ意味わからないですよね^^;

しかし、検索するとすぐ出てきます。

“新しいOffice”はいろいろと新しい
“影響を受ける製品はありません”って、どういうこと?

 「影響を受ける製品はありません」というメッセージは何かの間違いと思われた人も多いでしょう。しかし、このメッセージの通り、影響を受ける製品が本当に無いのです。そのことは、Office 2013 SP1のダウンロードページにある日本語の説明からは判断できませんし(英語のダウンロードページにはちゃんと書かれてあります)、以下のサポート技術情報も機械翻訳で分かりにくいかもしれませんが、この更新プログラムは「MSI」版のOffice 2013を対象としたものであり、「クイック実行」版のOffice 2013は対象外なのです。

というわけで、今回のSkype for Business Client  Preview も同様の条件です。
TechNet Evaluation Center にもちゃんと書いてあります

Lync 2013 クライアントの更新プログラム (MSI のみ) をインストールして、Skype for Business ユーザー インターフェイスを有効にします。

山市さんにはお会いしたことはありませんが足を向けて寝られません!

うーむ、Office 365 E3 でインストールしたユーザは今回のプレビューは試せませんね^^;

CLR/H in Tokyo 第3回 と 2014年6月 .NETラボ勉強会 で LTやってきました。

2014年6月28日にLTを2本やってきました。

LTとはいえ、人前でしゃべるのです。ちゃんと準備すべきです。

当日、しかも勉強会始まってる時間 13:45 に何言ってんですかね^^;
実際、申し込んだときには何かのネタをやろうと考えていたはずなのですが、準備して無かったのでそのネタがもはや何のネタなのか覚えていません。
なのでここ最近興味を持ってる PowerQuery の紹介でもとやろうかなぁと

どうせLTは17時からだし、お話聞きつつ内職で3時間もあれば作れるでしょう

と安易に考えていると。。。

20140628_LT1

まじかー 1時間で作るのかぁorz

という訳で、当日突貫工事で作ったLTを公開します!

※CLR/H in Tokyo さんではLTといいつつ時間も見ずに(たぶん10分ぐらいしゃべった)資料も中途半端で申し訳なかったですm(_ _)m

PowerQuery は Excelの機能です。
ということは、デモはExcelでやるわけです。
ライトニングトークはそもそも5分しかないので画面の切り替えですら時間がもったいないので、

毎回パワーポイントでも面白くないし、

ExcelでLTやりました。
以下資料です。

dotnetlab201406_LT1

参考リンク

dotnetlab201406_LT2

 

dotnetlab201406_LT3

dotnetlab201406_LT4

参考リンク

(このへん後で手順とか追記します^^;)

dotnetlab201406_LT5

教訓

  • ちゃんと準備しましょう。
  • たまにはExcelホーガンシでプレゼンするもの新鮮でいいですよ。

Google Apps Sync for Microsoft Outlook が Outlook 2013 で使えない

Outlook2013 に対応しているはずの Google Apps Sync for Microsoft Outlook がインストールでエラーする件。

GoogleAppsSyncforOutlook_failed

 

Sync アプリケーションが “An application failed to install”となってしまう。

どうやらOffice2013より採用されたクイック実行(ClickToRun)が関係してるっポイ
ClickToRunはアプリケーションのインストールパスが違います。

今までのインストールパス:c:\Program Files(x86)\Microsoft Office\Office15
ClickToRun:C:\Program Files\Microsoft Office 15\root\office15

どうやら、このインストールパスの違いを認識できないみたいです。

解決策として提示されたのは、以下の手順

1. [windows キー + R キー] にて “名前を指定して実行” を開きます。
2. regedit と入力し OK をクリックします。
3.以下のレジストリ値を検索します。( 下段の値がない場合はスキップしてください )
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\15.0\ClickToRunStore
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Office\15.0\ClickToRunStore
4. 右クリックし[ 名前を変更 ] をクリックします。
5. [ ClickToRunStore ] を [ ClickToRunStore1 ] へ変更します。
6. 変更後に Google Apps Sync for Microsoft Outlook をインストールします。
7. インストール後に再度レジストリエディタで、[ ClickToRunStore1 ] を [ ClickToRunStore ] へ戻します。

今度、実際に試してみよう

 

Office365のOffice2013使用時にアカウントにアクセスが出来なくなったとき

マイクロソフトアカウントって色々ありすぎて、訳が分からなくなりがちです。
個人で持ってるoutlook.comとOffice365アカウント、会社のローカルドメイン、、、

これに複数のOffice365を契約していたり、外部接続ユーザーとして別テナントに接続していたりすると、もう訳が分かんなくなります。

今回実際に

「このコンピューターに、組織内の別のアカウントがすでにサインインしています。」

というようなメッセージが出て、OneNoteに自テナントのSharePointOnline上に保存したノートへの接続が出来なくなったので、その解決方法をメモとして残しますφ(..)メモメモ

Office 2013 アプリケーションへのサインイン時に発生するエラー メッセージ: “Sorry, another account from your organization is already signed in on this computer.”

レジストリ修正が必要でしたが、実際に自テナントの別アカウントを使ったことにより、そのアカウント情報が残っていたので削除&ログオフ、ログオンで解決できました。

ちなみに今回別アカウントを使ったアプリケーションはLync2013です。
対照的に、Office 2013 でサポートされるサインインは、1 セッションにつき各テナント (組織) から 1 ユーザーのみとなります。

ブラウザのSharePointOnlineは複数セッション持つことは出来ますが、Office製品はダメなんですね。

Outlook2013 返信、転送時にポップアウトさせる

新しいOffice2013を使い始めました。
Outlook2013を利用していて気が付いたのですが、返信、転送時に[インライン編集]状態になってウィンドウがポップアウトしません。

office2013_popout1

今までのOutlook2010に慣れているとちょっと不便です。
これをポップアウトするように変更するにはOutlookのオプションで変更します。

[ファイル]-[オプション]-[メール]-[返信/転送]-[返信と転送を新しいウィンドウで開く]にて変更可能です。

office2013_popout

 

新しい「Office」をいち早く体験できる“わくわくOffice 合コン”に参加してきた

さて、行ってきたわけですよ 合コンとやらに。

【緊急告知】新しい「Office」をいち早く体験できる“わくわくOffice 合コン”参加者大募集!

とはいえ、「わくわくOffice合コン」なんて書いてあるし、
”※本イベントにおける「合コン」とは、製品およびサービスをより楽しく理解していただくための演出上のものであり、本来の合コンとは主旨が異なります。”
なんて注意書きがあるわけですから、
「よーし、どうせおっさんばかりのはずだし、Windows8+Office2013端末持ち込んで、「こんな機能が!」とかデモしてるそばから真似して手元でもやってひんしゅく買っちゃうぞ~」って気分で参加したわけですよ。
うん、失敗でした。orz
参加者が抽選ってことは男女比は1:1に決まってます
せいぜいiPhone操作してるぐらいで、PCだして実況してるなんて変人は私一人です。
さぞやスタッフも「あいつ空気読めよ」と思ったに違いありません

しかもデモは3回ぐらい見てるデモです…どんだけOffice好きでイベント参加しまくりなんだよ…

空 気 読 め よ

しかし、新しい発見も!
1.オプションでタッチモードにするとリボンの各ボタンがタッチしやすい大きさに変わるのですが、
これがすべてのOfficeアプリで共通なんですね。
Excelでリボンボタン大きくしたらそのあと、OneNoteも大きなリボンになっててびっくり

2.Excelの入力補正で、「姓」「名」「ふりがな」とかそれぞれ分かれたセルの横に(参照関数とか使わずに)手入力すると、2行目まで頑張って入力するとその後全部入力補完してくれるのですが、
たとえば苗字と性別を参照して 「くん」「さん」のニックネーム入れ続けると、Excelが学習して残りのセル全部性別を自動判断して「くん」「さん」つけてくれるんですよ
かしこいなぁExcel

んで、合コンのほうはどうなったかと言うとですね。
まぁPC広げてバシバシメモしてるような人には、だれも寄ってこないわけですよ

実際には少数のグループに分かれて「新しいOfficeを使って理想のデートプランを作ってください」というグループワーキングです。
「作成したPPTは標準の保存場所Skydriveに保存して、それを共有機能を使って、主催者に提出してくださーい」
という、新しいOfficeのクラウド連携を利用した、新しい体験ができる素晴らしいものでした!!

ネットワーク回線が細くなかったらね!!

ほとんどの人がBingることすらできずにPPT作りどころではなかったというグダグダっぷり。。。orz

残念すぎでした。

あ、ところでどなたか、PowerPointのメニューからFacebookやLinkedin投稿できるらしいんですがソーシャル連携方法って知らないですか?

タブレッット端末をビジネスで使うならやっぱりwindows端末が必要でしょう

たぶん一年ぐらいiPad使ってます。
主にプライベートとしてですが、ビジネス用途としてもプレゼン時のサブ資料(メインは紙の資料)として使ったりしてます。
使わないかもなーと思う資料をスタンバイしたり
webサイト制作案件で他社サイトやお客様の既存サイト表示したり結構活躍します

使ってて思うのですが最大の弱点は
「方眼紙Excelに書かれた、図形がたくさん貼り付けられた資料をそのまま表示すると必ずずれる!」
これはおそらく、日本のビジネスシーンでは致命的な問題です^^;

とは言え、iPadはすごく便利です!
色々と「すぐに確認できる」
何よりその操作性はやはり多数のメーカーに対応せざる負えないAndroid端末とは違います

でもプライベート用の端末としては十分に使えるのですが、仕事で使っているwindowsとの親和性が全くないのがダメ。
それはお互いに言えることで、windowsだってAppleを無視してる感は否めませんね^^;

というわけで、結局はSurfaceをはじめとしたwindows8のタブレット端末待ちどうしいなぁとい話でした。

新officeとWindows8とマイナンバー法案

共通するキーワードは「パーソナライズ」
Windows8の一般的なインストール手順ではWindowsLiveIDが必要になります。
新しいOffice2013もデフォルトでLiveIDのSkyDrive領域に保存することが可能です。

企業に所属していても「個人」であることには変わりがない訳ですし、「Facebookでビジネスを!」みたいな話が出てくるなかで、どんどん仕事とプライベートの協会があいまいになってきているのも確かです。

とはいえ、個人契約のSkyDriveに会社の情報を保存されるのは困りますね…f^^;)

まぁ、私が把握していないだけで、企業のドメイン環境でWindows8+Office2013を運用する場合は保存できなくする仕組みがあるはずです(きっと)

そして、パーソナライズといえばこんな話題も「オリンピックムードの裏で、重大な制度が成立する可能性(マイナンバー)

不正利用されないための運用は大変だろうし、我が日本だと「あれもこれも禁止」となって運用が破たんしそうですが、企業のバックオフィス業務は格段にやりやすくなるし、IT企業としても新しいビジネスチャンスになるわけなので、導入して頂きたいです。

 

ちなみにマイナンバー法案に対する、こういう<http://jp.techcrunch.com/archives/20120729surprisingly-good-evidence-that-real-name-policies-fail-to-improve-comments/>反論は日本国内では無意味だと思います。
日本人は「お天道様がみてる」をきちんと理解できると私は信じていますw

新しいPowerPoint2013の発表者ツールが使いやすくて便利だった

[slideshare id=13724689&w=597&h=486&sc=no]

新しいPower point2013の発表者ツールが便利な件 from mokudai masayuki
興奮して作ってしまったw 反省していない

Word 2002 で “描画をここに作成します” 画面を出さない方法

タイトルそのままですが、デフォルトのままでは使いずらいのでメモメモメモ_φ(._.

説明を読むと[コネクタ]機能を使う場合には描画キャンバスで作らなきゃいけないんですねぇ

Word 2002 で “描画をここに作成します” 画面を出さない方法

自動的に描画キャンバスを表示させない方法

  1. Word 2002 の新規文書画面を開きます。
  2. [ツール] メニューより、[オプション] をクリックします。
  3. 表示された [オプション] ダイアログより、[全般] タブをクリックします。
  4. [オートシェイプの挿入時、自動的に新しい描画キャンバスを作成する] のチェックボックスをクリックしてオフの設定 (チェック マークが消えた状態) にし、[OK] をクリックします。