Posts in Category: Hyper-V

何やってるんだっけ?^^;

・ルーターのアクセスログから、アクセス上位のWebサイトランキングとかPowerBiで出せたらかっこよくね?

・RTXのアクセスログはsyslogに吐けるよね

・syslog鯖用のLinux欲しいね

・そういえばローカルに仮想環境無いね

・双子の物理マシンあるから、Hyper-Vクラスタ組めるんじゃね

・よし、物理マシンのフォーマットだ ←イマココ

3連休がつぶれる予定です

Windows2012 ServerCore or Hyper-V 2012 での共有フォルダを作る

コマンドプロンプトしかないServerCore や Hyper-V2012では、コマンドプロンプトで共有フォルダーを作成したいです。

用途は、Hyper-Vで使うためのisoファイルとかの保存場所にしたいですね

C:Hyper-V>net share /?
このコマンドの構文は次のとおりです:

NET SHARE
共有名
          共有名=ドライブ:パス [/GRANT:ユーザー,[READ | CHANGE | FULL]]
                               [/USERS:ユーザー数 | /UNLIMITED]
                               [/REMARK:"テキスト"]
                               [/CACHE:Manual | Documents| Programs | BranchCache | None ]
          共有名 [/USERS:ユーザー数 | /UNLIMITED]
                 [/REMARK:"テキスト"]
                 [/CACHE:Manual | Documents | Programs | BranchCache | None ]
          {共有名 | デバイス名 | ドライブ:パス} /DELETE
          共有名 \コンピューター名 /DELETE

というわけで、以下のようなコマンドを投入

C:Hyper-V>net share iso=c:Hyper-Viso /GRANT:Everyone,FULL
iso が共有されました。

めでたしめでたし。

Hyper-V Server 2012 の画面が出るまで2

※じつは1で、サーバーハードウェアのRaidコントローラの設定とオンボードUSBメモリの話があるのですが、書く気力が無い。。。orz

分かったこと

・Windows7クライアントからでもイケる
(Windows8クライアントは必要ない(対応された))

杉下さんのこの辺の環境が必要
Windows 7: Hyper-V マネージャーのインストール

中根さんのここも参照

続: Windows Server 2012 のリモート管理ができない
※最新のHyper-V Server 2012 ではやらなくていいっポイです。

重要なこと
・杉下さんのBlogに書いてあることはヤレ
Hyper-V クライアント ツール のインストール
「セキュリティが強化された Windows ファイアウォール」設定変更
Windows ファイアウォールでMicrosoft 管理コンソールを許可
dcomconfg とか大事

・ローカル管理者にクライアントPCで実行しているユーザーを登録する
・Hyper-V Server が存在するネットワークと管理するクライアントPCは同じネットワーク上にあるといいよ
kerberos 認証のエラーとか出た。多分ネットワーク設定がいい加減だからちゃんと認証できなかったっポイ

この辺を頑張ると何も仮想ゲストのインストールされていないHyper-Vコンソールが表示された
ここまで3時間ぐらい。。。orz

2013/03/08 追記

Windows 8 用のリモート サーバー管理ツール

WindowsOS を仮想環境上で使用するときのライセンスの考え方

また忘れてたのでメモメモメモ_φ(._.

http://www.microsoft.com/japan/virtualization/licensing/VDA.mspx

Hyper-VとかVMwareとかの仮想ホスト上にWindowsOSを構築して、
そこにリモートデスクトップ接続して利用することを想定すると… ※これをVDI方式と呼ぶそうです。

接続するクライアントOS は既にノートパソコンとか、すでにWindowsOSが入っているはずなので
追加でVDAライセンスを購入すればよい
しかも 、サーバー上にOSインスタンスをいくつ立てても大丈夫、アクセスするクライアントの数だけライセンスを購入すれば良いみたい。

というわけで、頑張ってSA契約をしましょう。

追記:
AndroidやiOS、もしくはシンクライアントからのアクセスの場合はSAでは対応できないようなので
VDAライセンスでの契約が必要になります。
シンクライアント関係ないかなぁと思ってたけど、AndroidやiOSの場合もあることに  @mihochannel  さんに指摘していただきました。
今後はそんな場合もあるだろうなぁ てか、自分なら真っ先にやりそうw

Windows2008 Hyper-V 上で Linux をインストールする時

とりあえず、レガシーネットワークアダプタを追加してからインストールを開始する

すると統合サービスをインストールしなくてもとりあえずネットワークアダプタは使えるようになる
テスト的に動かすにはこれで十分。

わざわざLinux用統合サービスをmicrosoftConnectから入手しなくても
apache や ftpd や mysql を動かす程度なら、これで動いちゃいます。

てことは Dell などの安いwindows2008サーバを買ってきて
社内テストととして動かすにはこの方法で良いんじゃないでしょうか

おっと ESXiサーバならOSの代金もいらないんだっけ^^;

ななたんをHyper-Vでインストールしてみるてすと

てすと環境は、

CPU:Intel Core2Quad Q9400 2.66GHz
メモリ:8GB
すでにWindowsXP環境が一つ稼働中(なんにも作業はしていない)のHyper-V
インストールはISOファイルから
作業自体はHyper-VのマシンへRDP接続した状態で実施しています

いくらHyper-V on Windows7 でも
インストール途中のマウス操作は統合サービスが動いてないので使えません^^;

ちょwww約30分でデスクトップが表示されたw
はえーなーおい
まだまだ日本語環境になりきってない部分もありますがその辺はカンでセットアップ
(日本語ランゲージパックも出てましたが、入れたら改善するのかな?)

うーむ、、、統合サービスセットアップディスクのインストールができないなぁ
「以前のバージョンの Hyper-V 統合サービスがインストールされていることが検出されました。
 [おk]をクリックすると、このインストールをアップグレードまたは修復します。」てのが出る

[おk]すると、
「エラーが発生しました:更新プログラムの1つを起動できません。」だって。

うーむ2、、、もぅ WindowsUpdate の重要な更新が出てるってどーゆーことすかw

うーむ3、、、MSVCR71.dll がないためプログラムを実行できません」て出た
どうやらVC++ランタイムエラーらしいのですが、入ってないの?

インストールしたプログラム
ななたん本体
lolifox0.3.6
Foxmarks Bookmark Synchronizer 2.6.0
Adobe Flash Player 10.0.12.36
VC++ランタイム
Lhapuls1.57
Silverlight

Hyper-V正式リリース!

[Virtualization and Consolidation with Hyper-V]
http://www.microsoft.com/windowsserver2008/en/us/virtualization-consolidation.aspx

私のように「英語読めないから㍉」とか思っている人は以下からどうぞ
「Microsoft,「Windows Server 2008」向け仮想化機能「Hyper-V」を正式リリース」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080627/309625/

さて今晩の高添さんのblogが楽しみ♪

下調べなしに Hyper-V を導入してみる

さて、ML115にWinSV2008x64が導入できたので
当初の目的通りHyper-Vをいきなり導入してみる
セミナーとかで某高添さんがやってるのを見た限りでわ何も問題なく導入出来ていたのでとりあえずやってみる(無謀)

んーインストール中には目につくようなエラーはなかったんだけど
バーチャルマシンの起動時に失敗しているなぁ
Webの各所で素のML115ではHyper-Vは動かないっぽい報告例が出ているんだけど
http://wiki.nothing.sh/
その辺で言われているエラーとはどうやら違うっぽいし、、、

ログの名前:         System
ソース:           Service Control Manager
日付:            2008/05/11 13:21:07
イベント ID:       7000
タスクのカテゴリ:      なし
レベル:           エラー
キーワード:         クラシック
ユーザー:          N/A
コンピュータ:        ML115
説明:
SAN/LAN Transfer Virtualization Accelerator サービスを、次のエラーが原因で開始できませんでした:
指定されたファイルが見つかりません。
イベント XML:
<Event xmlns="http://schemas.microsoft.com/win/2004/08/events/event">
  <System>
    <Provider Name="Service Control Manager" Guid="{*********************}" EventSourceName="Service Control Manager" />
    <EventID Qualifiers="49152">7000</EventID>
    <Version>0</Version>
    <Level>2</Level>
    <Task>0</Task>
    <Opcode>0</Opcode>
    <Keywords>0x80000000000000</Keywords>
    <TimeCreated SystemTime="2008-05-11T04:21:07.000Z" />
    <EventRecordID>2966</EventRecordID>
    <Correlation />
    <Execution ProcessID="0" ThreadID="0" />
    <Channel>System</Channel>
    <Computer>ML115</Computer>
    <Security />
  </System>
  <EventData>
    <Data Name="param1">SAN/LAN Transfer Virtualization Accelerator</Data>
    <Data Name="param2">%%2</Data>
  </EventData>
</Event>

もちっと調べてみる?

—————————

とか思ったら、もっと前のイベントに

Hyper-V launch failed; CPU %1 does not support the minimum features required to run Hyper-V

て書いてあった、、、orz