Posts in Category: コンピュータとインターネット

Chromeのアプリをタスクバーにピン留めする方法

Chromeアプリの TweetDeck を使っているのですが、基本的にはブラウザで動作するこのアプリ、独立したひとつのアプリケーションのように扱うことができます。

tweetdeck_taskbar

やり方は簡単(だけど忘れるのでメモ)

Chrome アプリを右クリックして、「ショートカットを作成」、「タスクバーに追加」にチェックを入れて「作成」するだけ。
tweetdeck_taskbar2PC入れ替えるたびに忘れるのでメモ~

一定期間経過したファイルを削除するバッチファイル

Windowsのファイルサーバーで、たとえば複合機でPDFスキャンしたファイルをためている場合に、スキャンした人がそのファイルをサーバー上から削除せずに残りっぱなしの場合があります。
このようなファイルを定期的に削除するためにバッチファイルを作成してみましょう。

我が家のメインPC

メインPCといいつつ、友達のごぼう氏からもらったPCをメイン機として使ってるんですが、、、
そうだった、このPC「仕事用だからそこそこ動けばいいや」って思ってもらったPCにメモリ追加して使ってたんだ。
lachesis

WIN SCORE SHARE というフリーソフトでは、ソフトウェア側で集めた平均値と比べられるらしい。
どうやら世の中の平均的なPCよりスペックよくなさそうってことが分かった。。。

yoga 2 pro のローンも終わったことだし、、、買うか?

しかし、FacebookとTwitterとニコニコ動画とyoutubeと動画とオンラインゲームぐらいしかやらないんだけど、
まぁオンラインゲームのためだけにパソコン購入っていうのも面白いと思うんだ

Windows Server 2012 R2 Essentials をセットアップするぞと意気込んで。

ようやく重い腰を上げて、検証環境をインストールしてみようと思います。

まずは、Windows Server 2012 R2 Essentials  をインストールするところから。

この辺のPDFを見ながら順番にセットアップ

目標としては独自ドメインのOffice365,Intune等のクラウドサービスへの直結を行う予定。
Office365&Intune+Windows Server 2012 R2 Essentials で小さくまとめてモールオフィス用のソリューションとして使えると思うのです。
”最大 25 ユーザーおよび 50 デバイスまでの小規模ビジネス向けに”
おぉっと、25ユーザーなのは把握していたけど、50デバイスなんだ、、、
Office365やIntuneの1

てことは外部ドメインの設定も必要なのですが、そんな不安をツイートすると

 

という事まで教えていただいた。

PowerShellでやらなきゃいけないことは分かったんだけど、、、

 

という訳で、とりあえずやってみることにしました。

セットアップの手順を先ほどのPDFから抜き出すと、

  • OSインストール
  • Windows Server Essentials エクスペリエンスの構成
  • バックアップ
  • Anywhere Access
  • 状態レポートの設定
  • クライアント復元サービスのセットアップ
  • Windows Azure Active Directory との 統合
  • Microsoft Office365 との統合
  • Windows Intune との統合
  • Windows Azure Backupとの統合

という感じっぽい。まずはやってみる。
たぶん普通にウィザードに従っていくとAzureActiveDirectoryとの統合でトラブルんだろうなと^^;

NTTのONUを交換するときの注意

136968847ONUって普通交換しないですよね?
でも今回、インターネット接続が頻繁にダウンするので予防保守ってことで交換しました。
(事前にルータは交換済み。残るはNTTかプロバイダぐらいしか原因考えられない。

「いろいろ悩んでても仕方がない、HW的に問題解決できるところは潰していこう」という訳で。ONUの交換を依頼したんです。
レンタル品なので無料で交換してくれるんですね。

NTTさんも慣れたものですぐに手配をして、数日後には代替のONUが届いたのですが。。。

ONU交換する前にインターネット接続がダウンした!!

しかも、これまでは、ルータやONUなど各ネットワーク機器を再起動すれば何とか復活していたのに、今回はどーやっても復活しない!

なんだこれは?!新たな別問題か?
あわててプロバイダが落ちてないか確認、NTTにも工事障害状況を確認するも、そのような情報は無い。

まじかー!やっぱりONUが壊れかけてて、交換日を察知して壊れたか?!

とか考えたのですが、

今交換したら、原因切り分けが出来ない!旧ONUで接続できない原因を探る方が先だ。

と思い直し、悪戦苦闘、NTTさんに疎通確認してもらうにも

「その機器のMACアドレスの登録はありません」

ん?いやいやMACアドレス間違ってないんですけど。。。新しい機器のMACアドレスだとユーザーを特定できるらしい。
まじか!んじゃコッチ接続するわ。

うん。つながったよ。

そして、結局判明した事実は!!!

ONUはNTTへの認証にMACアドレスを使っていて、機器交換するときにはMACアドレスの登録を変更するので、

インターネット接続が出来なくなるのは当たり前!

をぉう orz マジっすか。。。
判明するまで時間かかった。。。orz

どうやら、「すでに死んでるONUを交換する」と思っていたらしく、機器到着予定日の今日の朝一番に登録情報を変更したのが原因らしい。
うん。機器が死んでいるなら、素晴らしい対応ですよ。先に登録情報変更していつ交換してもいい状態になりますからね。
でも今回は稼働中交換だから、「せーの」で交換する必要があったんですよ。。。
という訳で、夕方業務終了後に交換しようと思っていたONUを交換して一件落着。

じゃなくって、元々の「時々インターネット接続が切れる。しかもルーターが再接続しない。」というトラブルはまだまだ抱えたまま。
ONU交換で改善してくれるといいなぁ。

なぜ、ベンチャー企業だけが「新しいコンピュータ」をつくることができるのか

UEI社長 清水さんの記事がすごく面白い!

なぜ、ベンチャー企業だけが「新しいコンピュータ」をつくることができるのか

blogの内容自体は「そんなこと言ってないよ。。」という指摘なのですが、
会話の書き起こしがすごく面白くてワクワクしますね。

“アラン・ケイ自身は”iPadはDynabookではない”と明言しています。何度もね。比較されることを非常に怒ります。なぜか。プログラミングができないからです。プログラミングができないものは、ケイによれば”コンピュータではない”。与えられたコンテンツしか見れないものは、本当の意味でのコンピュータとは呼べないんです。コンピュータは、人類の進歩を後押しするためのツールであって、コンテンツを供給して堕落させるための道具ではない。”

確かに持ってるiPadで何も作り出してないなぁ
精々、プレゼンのアウトラインとチャットで仕事の会話ぐらいですね
十分、創造しているかもしれませんが、プログラムなんて無理ですね

まぁこれも現状では少し違ってきてて、必ずしもすべての人がプログラミングやワードプロセッシング、ペインティングをする必要は無くなって来てて、高画質の画像・動画などで自己表現してコンテンツを作り出すことが出来るような時代になってきてますよね

“僕の予想では日本には10万人くらいは居るはずです。初代のW-ZERO3を買っちゃうような人がね。”

はいはい、私のことですねw

申し訳ないですが憤りよりも会話の内容に引き込まれてしまいましたw
どんなハードが登場するのか楽しみです。買ってしまいそうw

MVP落ちました

Office365で申請したのですが、さすがに、

  • 活動期間半年
  • 技術力皆無
  • フォーラムでの回答役立たず

では、受かるものも受かりません^^;

とはいえ、コミュニティ活動とOffice365の布教活動は自分でやってて楽しいので、これからも続けていきたいですし、
次回も応募したいと思います。

はぁぁぁぁ ざんねん orz

Dell マシンの「Alert! Cover Was Previously removed.」を解除する方法

Dellの格安サーバー PowerEdge  T100 を使っていたりするのですが、HDD交換などカバーを一度開けると

「Alert! Cover Was Previously removed.」

というメッセージが起動時に表示されます。
これは「物理的にカバーがあいたよ。不正なアクセスされてない?」というセキュリティメッセージです。
解除方法は以下の通り。

  • メッセージが出ている状態で[F2]を押してBIOS画面へ。
  • 下にスクロールして「System Security…………<ENTER>」でEnterキーを押す。
  • サブメニューから「Chassis Intrusion………Disabled」を探す。
  • 矢印キー(→)で「Disabled」を「Enabled」にする。
  • [Enter]を押し、前の画面に戻る。
  • [ESC]を押して,「Save Changes and Exit」を選んでEnterキーを押す。
  • 再起動後,「Alert! Cover was previously removed.」のメッセージが表示されないのを確認。

これで「私がきちんとカバー開けたの確認したよ」となるわけです。
もちろんBIOSのAdministratorパスワードを設定していなければ、クラッカーが簡単にこのメッセージ解除出来てしまうので、BIOSAdministratorパスワードとセットでないと意味がないですが…^^;

デルパソコンの電源が入らない時に完全放電する方法

先日、お客様先のビルが停電作業という事で、サーバーやPCなどの電源を落としたのですが、
確認漏れでクライアントPCの一部がコンセントを差しっぱなしにしてしまいました。

復電後、数台のPCの電源が入らないトラブルになったのです…orz

本来であれば、ビルの電気工事などをして電圧が急激に上下すると、接続されている機器にダメージを与えることがある為、必ずコンセントを抜いておく必要があるのですが忘れてしまっていたのです。
参考:節電対策および停電に備えてサーバーの停止をする場合の操作方法

PCの電源部がイってしまったかなぁと思いつつ、デルさんに修理に来てもらおうとサポートに電話した時に教えてもらったのですが、
PCを完全放電させることで、復活する可能性があります。

Dell PCの場合、内部に貯まった電気を完全に放電するには、
全てのケーブルを外した状態で、電源ボタンを10秒程度押しっぱなしにすることで、完全に放電することが可能です。

これは、すべてのデスクトップPC(Vostro,OptiPlex,Precision)だけでなく、ノートPC(Precision,XPS)にも対応しています。

助かったぁ

マイクロソフト MVP に挑戦してみようかなっと

「わざわざこんなところで宣言すると、落ちたとき恥ずかしいぞ」というツッコミが来そうですが、
どうせ難しいなら、それすらblogのネタにしてしまえと。

幸運にも勉強会などで、MS-MVPの方々に何人か知り合いが居て、
Twitterでつぶやいたら、すぐに情報を教えてくれた。(感謝です

http://www.microsoft.com/ja-jp/communities/mvp/selfregistration.aspx

とりあえず、申し込みだけはしてみようかなぁ
前に某所で聞いた話しだと、提出する書類の内容が難しいらしいですが^^;

学校の試験勉強すらまともにしたことがなく、レポートも書かずに人生生きてきた私に出来るのでしょうかw

そうそう、忘れないうちにMVPを取得してみたいと思った理由を書いておきます。
カテゴリーはもちろんOffice365です。
自分がメインで主催をさせて頂いているOffice365勉強会ですが、いくつか将来的な方向性が見えてき始めました。

  • Office365導入を検討している、ユーザー・企業に対するアドバイス会
  • すでにOffice365を導入済みのユーザーの情報交換会
  • Office365でビジネスチャンスをつかもうとしているデベロッパー情報交換会

いくつかの要素が見えてき始めました。
これらを上手く運営するにはそれぞれの順番に開催するとか(某ITPro勉強会では、デベロッパー回、ITPro回と別れてますね)
それぞれ別々で開催するとかあるかなと思ってます。

前置きが長くなりましたが、これら勉強会を開催するには「東京だけでなく、各地方での開催も必要だろう」という意見も出てますし、各地方での集客(客じゃない気がするけど)をするには、やはり「有名人が来る!」「この人の話が聞きたい!」的な要素が必要かなと思います。

んじゃぁその部分を自分の名前でやろうぜ!

というのがMVPになる動機です。

もちろん、Office365勉強会を開催しているのには、下心があって、
・Office365利用者が増える

・導入、アプリケーション開発、運用サポートなど需要が生まれる

・IT企業にビジネスチャンスが生まれる

・桶屋がもうかる

と、なるわけです。

こういうの書いていいのかな?まぁいいか。