バーチャルマシン 同時起動時のネットワーク設計

ノートパソコン上でバーチャルマシンを2台デモする場合の注意点
 
┌─────────┬─────────┐
│ AD + Office2007  │SharePointServer  │
├─────────┴─────────┤
│     ホストコンピュータ     │
└───────────────────┘
 
上記のように2台のバーチャルマシンを作成し、
客先などでデモを行う場合、、、
社内では通信できていた2つのバーチャルマシンが
客先では通信できなくなる場合があるのはご存じでしょうか?
これは、ホストコンピュータ側でネットワークアダプタが検出できない場合
バーチャルマシン側でもネットワークケーブルを検出できないことが原因です。
解決策はふたつ
<1.内部ネットワーク接続にする>
両方のバーチャルマシンのネットワーク設定を「内部ネットワークアダプタ」とすることで通信が可能になります
ただし、ホストコンピュータとは通信できません
この設定だとホストコンピュータ側の設定を変更する必要はありません
 
<2.ホストコンピュータにループバックアダプタを導入する>
[コントロールパネル]の[ハードウェアの追加]ウィザードを使用して
[Microsoft Loopback adapter]を追加します
※実際にハードウェアを追加してないので[一覧から選択する]からネットワークカードを手動選択・追加します
追加したネットワークアダプタに対してIPアドレスを設定します(名前は適当に「ループバック接続」とかにします)
実際に運用しているネットワークとは関係ないネットワーク体系にした方がよいでしょう
作業をする場合は、既存の(社内の)「ローカルエリア接続」を無効にして、
先ほど作成した「ループバック接続」だけを有効にして通信します
ホストコンピュータの設定を設定を変更するのが面倒な場合は方法1を
ホストコンピュータとファイルのやり取りをしたい場合は方法2を選択すると良いでしょう
—-以下、駄文—–
物理的なループバックコネクタを接続しても
実際にネットワークケーブルが接続していないと通信出来なかった(TT)
もちろん、外出先でも他のコンピュータとクロスケーブル接続でもして
リンクアップさえ出来れば問題なく稼働しますが
そんなことができるなら、別のコンピュータを使ってプレゼンすれば良い訳で。。。orz
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください