Vista になってから導入が不要なアプリケーション

ここ数日ちゃんとIT系社会人っぽくいろんなコミュニティを見てまわってます
(相変わらず回答できるようなスキルはありませんが)

んで、これまでwindows98や2000の頃から
「OSの動作を快適にする」
という目的のためにいろんなソフトウェアが開発されてきたわけですが
それらの技術はVistaでは不要になってきてますね

●速 とか めも●ーく●ーなー とか。。。

前者はRWIN値の最適値を変更するソフトウェア
VistaではOSが自動で最適値に変更してくれますね
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070314/264966/

後者もメモリ最適化ソフト
これもVistaがSuperFetchという機能でメモリ運用は効率化されているので
まぁいらないかなって感じですね
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070816/279802/?P=2

窓の手っぽいソフトは残っていくんだろうな
レジストリを手動で変更するのはさすがに怖いし
GUIで適切に変更してくれるならラクだしね

あ、もうひとつこの手のフリーソフトを導入する理由があった!
いろいろ導入することによって「私のパソコン」に変えていくという
愛着は確実に出てきますよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください