USBメモリから起動するインストールメディアを作る

検証作業などでたくさんの環境を作るためにisoファイルを保持して、
Hyper-Vなどの仮想環境で使っているのですが、
時々実環境で使いたい時にいちいちDVDメディアに焼く必要があって、
そんな時に限ってDVDの在庫がなかったりと悲しい思いをします

それに、ほぼ使い捨てで使っているのでUSBで「簡単に」(←ここ重要)作れる方法があったのでメモ

Windows 7 USB/DVD ダウンロード ツール
詳細は上記のMS公式サイトを見て頂くとして、これがあればUSBメモリ(DVD-Rも選択可能)に
isoイメージからライティングすることが出来ます。

diskpart コマンドと仮想ドライブソフトを使ったりだとか
サードパーティ製のUSBboot専用ソフトとか使ってたんですが
その辺は一切不要で、しかもMicrosoft製なので若干安心度が増します。

ん!?これってMSのisoだけじゃなくって他の起動メディアも作れるんじゃないか?
まぁそのうち試してみよう。

もし、ファイルが見つからなかったら Windows7-USB-DVD-Download-Tool とかでぐぐると幸せになれるかも。

–追記
うーーん FreeNASのisoで試してみたんですが、だめですねぇ
同じディレクトリに置いたWin7のisoファイルだときちんと作成できるので
どうやら何か見てるみたいです。。。ざんねん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です