Type-P に Windows 10 をクリーンインストールしてみた(1)

クリーンインストールしてみた。というタイトルですが、Blogを書いてるこの時点ではまだインストール中です

困ったときの自分用φ(..)メモメモ

いろんなOSを入れて遊んでたら、Windows10インストールの時に

 インストール ファイルのコピー中 0%

で停止したんですね。これを回避するために試行錯誤したので、次回の時のためのφ(..)メモメモ

インストールUSBで起動して、セットアップ修復モードに入る

コマンドプロンプトで、Diskpart を使ってパーティション全部削除
参考:Windowsのdiskpartコマンドでディスクのパーティションを操作する

インストール途中のパーティション選択画面とかで、Sift + F10 してコマンドプロンプトを出す

> fsutil behavior set DisableDeleteNotify 1 [Enter]

パーティションを何もいじらずに、インストール開始

これで、ファイルのコピーが0%から先に進んだ。

事情とかはこの辺を参考
参考:[VAIO]VAIO P(VGN-P70H/R)のHDDをSSDに換装する

2 Comments

  1. 返信
    こったん 2020/05/15

    Windows10をインストールしていたのですが うまく行かずこのサイトにだどりつきました
    書かれてあるとおりに実践したらインストール成功しました!!!感動です!!
    ありがとうございました!

  2. 返信
    mokudai 2020/06/11

    こんな「何も書いてない」と表現してもいいほどの情報量の少なさで解決するとは、こったんさんはおそらくスーパーエンジニアさんですね。
    間違いなく参考先のサイトが役立ったと思います!
    素晴らしいType-Pライフをお送りくださいませ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください